出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

(語る 人生の贈りもの)里中満智子:14 いくつになっても挑戦は楽しい(朝日新聞デジタル)

投稿日:

スポンサーリンク

代理母出産」とは、子どもを望む夫婦が第三者の女性のおなかを借りて妊娠・出産することですが、先天的に子宮がない、あるいは病気で子宮を失った女性が唯一、子どもを持てる方法です。

なんといっても最近は、「パーティーするなら
専門店のグッドラック
」が、注目されているようです。

そして、この「A型だけどB型キャラ?
48タイプ血液型診断
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「A型だけどB型キャラ?
48タイプ血液型診断
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

フジテレビ系情報番組「とくダネ!=血液型選手権=」でもおなじみの御瀧政子氏が監修者の人気公式占いサイトです。『血液型占い』は、リアルな恋の悩みはもちろん、思わず誰かに話したくなる豆知識や大勢でワイワイ楽しめるパーティーメニューなど合計300メニュー以上で、ただ占うだけではない実生活でも役に立つ“恋のお助けツール”として多くのユーザーに人気が出ること間違いなしです!

ではさらに、「パーティーするなら
専門店のグッドラック
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

高齢出産の危険因子としては、遷延分娩・分娩停止、分娩時出血量の増加、帝王切開率の上昇等があります。また新生児の生後1週未満の死亡率というのも、高齢出産では高くなっています。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 事務所で語る里中さん。後ろの壁には画家志望だった父の絵が飾ってある=東京都渋谷区、池永牧子撮影

■漫画家・里中満智子

 《里中さんは食べることが大好きで、料理も得意。食の話になると止まらない》
 小さい頃から料理人の父に教わって毎日のように食事を作っていました。同じ食材でも調理の仕方で違うメニューが複数生まれる。まるで創作の世界です。料理好きがこうじて女性誌で料理のページを連載したり、ペンネームを使い、食マンガの原作を受け持ったりしたこともあります。
 《歴史ものの代表作、持統天皇が主人公の「天上の虹」は32年の歳月をかけ、2015年に完結した。だが、まだ描きたい作品はあるという》
 歴史は高校生のころから興味があったんです。……
本文:792文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こちらの出産に向けた入院準備はいつから始めるべき?サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「クロちゃん収監」の地獄絵図 檻に駆け寄る、肩車、転倒…現地から報告続々(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 配偶者の出産後2カ月以内に家事や育児などのために休暇を取得した男性の割合は56%らしい。 なんといっても最近は、「こんなにもちがうオトコとオンナの思考」が、注目されているようです。 …

no image

高齢者インフル感染防止に有効な予防投与、学会も提言(産経新聞)

スポンサーリンク 破水は、赤ちゃんを包んでいる卵膜(らんまく)が破れて羊水が流れ出ることを言います。陣痛がピークに達し、子宮口が全開になってから破水する事が多いですが、「前期破水」といって、陣痛が来る …

no image

指原莉乃、ドン・ガバチョに触って興奮 「あ、すごい! すごーい!」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 民間の医療保険では、帝王切開は異常分娩による手術とみなされるため、保険金の給付対象となります。 なんといっても最近は、「可愛い絵文字満載」が、注目されているようです。 そして、この「 …

no image

サイン断った選手に「死ね!」 酷すぎる「ファン」の行状…オリ宮崎告発(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 妊娠祝いを贈る際に気をつけたいのが、贈る時期です。万が一のことも考慮して、必ず妊娠安定期に入ってから贈るようにしましょう。一般的に妊娠安定期は、妊娠5~7ヵ月頃(妊娠16週0日~27 …

no image

学園モノのロケの聖地を1日限り大解放!足利で「聖地!西高学園祭」開催決定(ロケーションジャパン)

スポンサーリンク ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。 なんといっても最近は、「劇的に運気上昇! …