出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

芸能界一の温泉マニア・芸人スギちゃん激推しの“絶景”雪見温泉はここ!(FRIDAY)

投稿日:

スポンサーリンク

出産予定日や性別がわかれば、お祝いの品を贈るのがますます楽しみになるでしょう。ただし、贈りものをする時に心がけなければいけないのが「マナー」です。

なんといっても最近は、「男心に潜むホンネ
本気と遊びの境目
」が、注目されているようです。

そして、この「噂の人気占い師★
*希多流四柱推命*
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「噂の人気占い師★
*希多流四柱推命*
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

『大阪ミナミの母』は、マニュアルに沿った恋愛に飽きてきた大人の女性達へ贈る新しい恋愛占いサイトです。 大人の女性が望むドラマティックな恋愛に必要なのは、マニュアルではなくて、その時その時にあった的確な恋のアドバイス。関西で脅威の的中率を誇る噂の超人気占い師:希多真生子が、現在の恋愛模様に一番適した占断方法で女性達の恋の行方を占います。

ではさらに、「男心に潜むホンネ
本気と遊びの境目
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

結婚して子供もほしいのだけど、経済的にやっていけない、出産後、職場復帰できるかわからない(復帰できないなら、お金を貯めるのは今しかない)という不安から「子供、産めないよね」という声も、実際職場でよくききます。そういったためらい・不安から、結局「産むか産まないか」を逡巡し、高齢出産を招いている面もあるように思います。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 鶴の湯(秋田県・乳頭温泉)

寒い日々が続くこんな時期は、雪を眺めながら、温かい温泉でほっこりしたい。けれど、いったいどこへ行ったらいいのか……。そんな迷える我々のために、温泉ソムリエの資格をもつスギちゃんが特別指南。泉質に加え、宿の雰囲気、人との触れ合いを、スギちゃん目線で選んだ絶景温泉を紹介しよう。 お笑い要素”ゼロ”の超真面目なスギちゃんのコメントにも注目! ”ワイルドな温泉、見つけたぜぇ~”

スギちゃん厳選の“絶景”雪見温泉ベスト5はコチラ

八丁湯(栃木県・奥鬼怒)

混浴露天風呂が3つ。滝を眺めながら雪見もできる
「日光国立公園の中にある一軒宿。標高1300mのところにあるんですけど、ここは素晴らしくよかった。ここには3つの混浴の露天風呂があって、一番下にある『雪見の湯』から、『滝見の湯』『石楠花の湯』には石の階段を上って行くんです。『滝見の湯』は、湯船の目の前に滝が流れていて、びっくり。『石楠花の湯』は、眼下に渓谷が見えるし、『雪見の湯』は、名前のとおり、雪に囲まれて温泉を楽しめる。それぞれ眺めが違って、驚きの連続。おかみさんもすごく楽しい人で、大満足で帰りました」(スギちゃん 以下同)

温泉は追い炊きをしない自噴高温泉。肌あたりが柔らかく、ゆったり体を温めてくれる。冬は「雪見の湯」から優先してお湯を流し込んでいるそうで、まず「雪見の湯」で温まってから、ほかの露天風呂へ移動するのが、宿のおすすめだ。

「昭和4年にできた古い宿だけど、ログハウス風の造りにしたり、お湯を守っていくだけでなく、新しいこともいろいろ取り入れようとしている、そういうところも好感がもてました」

国立公園内にあるので、自家用車で入ることができない。近くの無料駐車場に車を止めて、宿から迎えに来てもらう。(要事前予約)また、冬は雪が深く、休館日も多い。事前のチェックを忘れずに。

鶴の湯(秋田県・乳頭温泉)

山の中の温泉なのに、海の成分が。湯冷めしにくく最高
乳頭温泉郷の中でも、もっとも古い歴史をもつ鶴の湯。4つの異なる源泉があり、それぞれ「白湯」「黒湯」「中の湯」「滝の湯」と呼ばれている。

「いちばん広いのは白湯の混浴露天風呂。ここは、ナトリウム塩化物泉なんですけど、一般的に塩化物があるのは、海のほうの温泉なんですよね。なぜ山の中の温泉に塩化物が出るのか、不思議。神秘のお湯という感じですね。このお湯がすごく肌にいいんです。つるつるして、湯上りに保湿剤を塗る必要がない。湯冷めしにくくて、いつまでも温かい。最高です。混浴なんだけど、白濁しているから、浸かってしまえば全然裸が見えない。お湯につかる前は見えちゃうのかなと思ったら、脱衣所からお湯に入るまで囲いがあって、裸を見られることがない。これは発明だなと思いました」

秋田藩主の湯治場だったこともあり、今も湯治の武士が詰めたという茅葺屋根の本陣が残っている。

「建物も雰囲気があるし、玄関までのアプローチに小さいかまくらをポンポンポンと作って、中にろうそくを立てて迎えてくれる。そんなおもてなしも心に残ってます」

もうすぐ春といいながら、まだまだ続く寒い日々。冷えた体で温泉に入ったとき、じんわりと、凍った体が溶けていくような幸せ……。雪を眺めながら、そんな幸せ感に浸れるのは冬ならでは。フライデーデジタルでは、スギちゃん厳選の雪見温泉ベスト5を紹介している。

取材・文:中川いづみ

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

羽生竜王100期なるか 竜王戦第6局2日目始まる (産経新聞)

スポンサーリンク 水中出産だからといって、ずっと水の中にいるわけではありません。体力の消耗なども考慮すると、水の中に浸かっていられる時間は1~2時間程度なので、赤ちゃんが生まれそうなタイミングを見計ら …

no image

「クロちゃん収監」の地獄絵図 檻に駆け寄る、肩車、転倒…現地から報告続々(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 配偶者の出産後2カ月以内に家事や育児などのために休暇を取得した男性の割合は56%らしい。 なんといっても最近は、「こんなにもちがうオトコとオンナの思考」が、注目されているようです。 …

no image

上沼騒動のスーマラに「降板」の噂 関西テレビに取材し得た回答(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 最終月経の初日から数えて280日目(40週)の日。最終月経の初日の月から3を引き(引けないときは9を足して)、日に7を足して計算できます。ただし、この予定日はあくまで目安でしかありま …

no image

(語る 人生の贈りもの)さだまさし:1 生みの楽しみ、切羽詰まってから(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。 なんといっても最近は、「劇的に運気上昇! …

no image

(視界良考)徳川家広さんと @大阪城(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク 忘れがちですが、必ず必要となってくるのが里帰りした先での入院の準備です。入院に必要な書類などは忘れずに持っていくようにしましょう。 なんといっても最近は、「超ホーダイ」が、注目されて …