出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

経済評論家・横川楓28歳 連載9本かかえる超売れっ子美人評論家(FRIDAY)

投稿日:

スポンサーリンク

陣痛は、赤ちゃんを産み出すために子宮が収縮することで起こる痛みです。本格的な陣痛が起こる前には、一般的に前駆陣痛(ぜんくじんつう)と呼ばれる痛みがきます。これは痛みの程度も比較的軽く、間隔も不規則です。

前駆陣痛はお産が近づいている証ではありますが、本陣痛(ほんじんつう)ではないため、この段階ではまだ病院に連絡する必要はありません。

なんといっても最近は、「母の愛が導く
幸せへの道標
」が、注目されているようです。

そして、この「生理・セックス・
秘密の悩みを解決
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「生理・セックス・
秘密の悩みを解決
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

女性のココロとカラダの悩みを解決し、キレイになれる方法を伝授する女性による女性のためのサイトです。監修者は数々の著書を出版中の池下育子先生。「池下レディースクリニック銀座」を開業し、会社や人間関係などのストレスで悩む、働く若い女性たちの相談に本音でアドバイスしています。

ではさらに、「母の愛が導く
幸せへの道標
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産はおめでたいことではありますが、いくらおめでたいこととはいえ、出産前に贈るのはタブー。出産までにどんなことがあるかはわかりませんので、注意してください。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: マイナンバー管理アドバイザーなど多くの資格を持つ。2月には著書『ミレニアル世代のお金のリアル』を出版

「現在の連載は7本、さらに今年から2本担当します。忙しくて一日の睡眠時間は3時間ほどです」

【未掲載カット公開中】19年の抱負を語る横川楓

 こう言って笑うのは、平成生まれの経済評論家・横川楓(かえで)氏(28)だ。

 明治大学大学院のグローバル・ビジネス研究科を修了した横川氏は、24歳の時に取得した経営学修士(MBA)を始め、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有。ファッション誌『FINEBOYS』や『CanCam』などで、若者向けに経済の仕組みやカネの流れをわかりやすく解説している。

「祖父が会計事務所を経営していて、子どもの頃からおカネに興味があったんです。おもちゃの紙幣を使って、母親と“銀行ごっこ“をしたりしてね。だから、経済の勉強も苦ではないんです」

 専門の一つが行動経済学。人間の行動の影響について考える学問だ。

「例えば女性に好かれようと思ったら、最後にマイナスのことを言うのはタブーです。『食事は美味しかったけど高かったね』とか。相手にネガティブな人だと思われます。逆に人を動かそうと考えたらマイナスなことを言う。『早起きは身体にいいよ』ではなく、『スグ起きないと遅刻するぞ』とね。人間の行動は損得に大きく影響されますから、自分にマイナスだと感じると対応しようとするんです」

 学生時代には地下アイドルの経験も。今後はグラビアにも挑戦したいと語る。

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

宮川大輔に松本「ちょっとかわいそう」 イッテQ騒動で矢面…指原も擁護(J-CASTニュース)

スポンサーリンク せっかく贈った出産内祝いですが、受け取った方が「カチン!」と感じてしまうことを大別すると、贈り物の「金額」「届け方」「タイミング」の3つになるようです。出産育児一時金は、被保険者及び …

no image

吉田輝星地元・秋田県民が悲鳴! ドラフト中継なく「どうしてくれんの、このワクワクー!」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク まず出産した側から、赤ちゃんが生まれた報告を親族や知らせたい人達に伝えましょう。出産直後は産婦さんの体調も万全ではなく、退院してもしばらくは眠る時間もないほど慌ただしいこともあるため …

no image

貧困・家族の姿、国際的に共感 映画「万引き家族」是枝監督に聞く(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク 出産祝いを贈るにあたって気になってしまうのはやはり金額の相場です。出産祝いの金額相場は相手との関係や年代によっても大きく変わってきます。 なんといっても最近は、「野球とソフトボール …

no image

流行語大賞でチコちゃん登壇! 元NHKアナ「荒々しい言葉が使われているのが新鮮」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク ご自身が自然分娩を望んでいる場合でも、医師により妊娠中や出産の状態によっては自然分娩が難しいと判断されたときには、帝王切開となってしまう可能性もあります。 なんといっても最近は、「通 …

no image

ぜんそく、あきらめないで 新薬や保険適用の手術…選択肢広がる(産経新聞)

スポンサーリンク 元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんは、40歳で第1子となる男児を出産しています。 なんといっても最近は、「我慢せずダイエット!30日で-6kg!」が、注目されているようです。 そし …