出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

極右政治家・ボルソナロ氏の大統領就任で起こる「ブラジルの危機」(FRIDAY)

投稿日:

スポンサーリンク

ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。

なんといっても最近は、「「命盤」が映す運命
~ 紫星の幻月 ~
」が、注目されているようです。

そして、この「噂の人気占い師★
*希多流四柱推命*
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「噂の人気占い師★
*希多流四柱推命*
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

『大阪ミナミの母』は、マニュアルに沿った恋愛に飽きてきた大人の女性達へ贈る新しい恋愛占いサイトです。 大人の女性が望むドラマティックな恋愛に必要なのは、マニュアルではなくて、その時その時にあった的確な恋のアドバイス。関西で脅威の的中率を誇る噂の超人気占い師:希多真生子が、現在の恋愛模様に一番適した占断方法で女性達の恋の行方を占います。

ではさらに、「「命盤」が映す運命
~ 紫星の幻月 ~
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いとして、お母さんたちにアンケートをした結果、もらって嬉しいトップはベビー服となっています。その他、現金・ギフト券も喜ばれます。またおむつなどの消耗品、おもちゃなども喜ばれています。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 大統領と3番目の妻のミシェル氏(36)。夫人は「夫はファシストではありません」と国民に訴えた

「(反対勢力の)労働党の支持者は殺そう」
「先住民は金がかかりすぎる。彼らに与える土地は1平方mもない」
「犯罪者への拷問に賛成だ。むしろ3万人くらいは殺しておかないといけない」
「産休中の女性は年の半分しか働かない」
「自分の息子が同性愛者だったら、息子には死んでもらうしかない」

 こうした人種差別、女性蔑視、同性愛嫌悪の発言を繰り返し、「南米のトランプ」と呼ばれる極右思想のジャイル・ボルソナロ氏(63)がブラジル大統領に当選した。

 軍隊出身のボルソナロ氏は、国内の犯罪組織やギャングを、国力を総動員して一掃すると明言し、対立候補に10ポイント差をつける高い支持を受けた。背景には、年間約6万4000人、一日あたり175人が殺害されるというブラジルの治安の悪さがある。

「中南米は麻薬カルテルが裏社会を牛耳っており、ブラジルも犯罪組織がはびこっています。常に組織同士の抗争があり、貧困街はもちろん、街中でも殺人事件が連日起きている。そんな麻薬カルテルを、軍の力を使って抑え込もうとするのでしょうが、ギャングの組織力はあなどれません。彼らがテロ組織と化し、街中でテロ行為を行う危険性がある。犯罪を減らすつもりが逆に内戦状態に陥る可能性があります」(国際政治学者の六辻彰二氏)

 あまりにも犯罪が横行する異常事態に、ボルソナロ大統領は、死刑制度を復活させ、警官には現場で射殺することを許可し、犯罪者を国から一人残らず消し去ると豪語している。極端とも言える強硬政策に、麻薬カルテルは黙っていないだろう。大規模な内戦が起きる危険性は十分考えられる。

 さらに国際ジャーナリストの山田敏弘氏は、ボルソナロ大統領が軍人出身ということもあり、強権的な独裁体制を敷いていく可能性を危惧する。

「ボルソナロ氏は軍人時代から、給与の低さを理由に兵舎を爆破するなど信じられないような過激な行動をする人物でした。軍には11年勤め、大尉で退役するまでの間に、軍内ではカリスマ的な存在となって一目置かれていた。今回の内閣でも20人近い元軍人を登用します。軍事政権時代は良かった、などの発言をしていることから、軍事力で国を支配していこうとしているのは明らかです」

 ボルソナロ氏は、選挙活動中の9月、遊説中に何者かによって腹部を刃物で刺され命を落としかけた。今後、仕返しとばかりに犯罪の取り締まりを強化すると見られており、混乱が起きるのは必至だ。

 そしてボルソナロ氏が推し進める自国中心主義の政策は、国内だけでなく、周辺にも悪影響を与えようとしている。

 近年ハイパーインフレに見舞われ、経済危機に陥った隣国ベネズエラから、6万人以上がブラジルへと逃亡。難民が国境に大挙して押し寄せているが、ボルソナロ氏は武力行使も辞さない構えだ。

「前大統領のテメル氏も国境付近で事件が起きるので、やむを得ず軍を派遣し制圧していた。新大統領はより多くの兵隊を動員するはず。このままではベネズエラとの国境付近で大規模な衝突が起きる可能性があります」(前出・山田氏)

 次第に国境紛争に発展し、戦争にもつながりかねない。アメリカのトランプ、フィリピンのドゥテルテ、そしてボルソナロ――。極右が次々と台頭し、再び戦争の世紀となってしまうのか。その流れにはブレーキをかけなければならない。

 PHOTO:アフロ

こちらの出産ではじめて入院に欠かせない必要なものリストとは?サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

当麻寺から舎利容器 西塔は飛鳥時代の創建か?(産経新聞)

スポンサーリンク 配偶者の出産後2カ月以内に家事や育児などのために休暇を取得した男性の割合は56%らしい。 なんといっても最近は、「姫系★アクセ&ハット☆カービーズ☆」が、注目されているようです。 そ …

no image

貧困・家族の姿、国際的に共感 映画「万引き家族」是枝監督に聞く(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク 出産祝いを贈るにあたって気になってしまうのはやはり金額の相場です。出産祝いの金額相場は相手との関係や年代によっても大きく変わってきます。 なんといっても最近は、「野球とソフトボール …

no image

新井浩文の出演CMが閲覧不能に 三浦春馬と共演…「事実確認中」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 臨月に入るとお腹が張る回数が増えてきます。お腹が張る、とは子宮が収縮して下腹部が石のように固くなること。出産の準備段階で起こる現象です。 なんといっても最近は、「妊娠しやすい体をつく …

no image

大島優子「全然国民的じゃないですから!」 久々のカメラに緊張(J-CASTニュース)

スポンサーリンク もちろん35歳を過ぎたからといって出産できないわけではありませんが、卵子の老化が始める時期になるため、高齢出産にはリスクが伴います。 なんといっても最近は、「モデル系アイドルのフシダ …

no image

構想25年の映画「アリータ」 ジェームズ・キャメロンを魅了した原作『銃夢』(ガンム)のヒロインとは?(FRIDAY)

スポンサーリンク もちろん35歳を過ぎたからといって出産できないわけではありませんが、卵子の老化が始める時期になるため、高齢出産にはリスクが伴います。 なんといっても最近は、「芸能人用涙袋ゲル!すご …