出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

年中「ノーネクタイ」広がる…クールビズの影響か(産経新聞)

投稿日:

スポンサーリンク

妊娠祝いを贈る際に気をつけたいのが、贈る時期です。万が一のことも考慮して、必ず妊娠安定期に入ってから贈るようにしましょう。一般的に妊娠安定期は、妊娠5~7ヵ月頃(妊娠16週0日~27週6日)といわれています。また、妊娠祝いにベビーグッズはNG。ベビーグッズは出産前のプレッシャーになってしまうことがあるので、あくまでも妊婦が使えるものを贈ることがマナーです。

なんといっても最近は、「カリスマ占師水晶玉子
脅威†オリエンタル占術
」が、注目されているようです。

そして、この「タロットに隠された
驚愕の真実
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「タロットに隠された
驚愕の真実
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

「カモワンタロット」…このタロットを手にすればカードに込められているスピリチュアルなメッセージを肌で感じることができるでしょう。300以上の圧倒的なメニュー数、違いのわかる方におくる本格タロットサイトです。

ではさらに、「カリスマ占師水晶玉子
脅威†オリエンタル占術
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いは何をするかについては、まず相手がほしいものを贈るのがベストです。しかし確認ができないならば、知人・友人の場合なら、ベビー服やベビータオルなどたくさんあっても困らない実用性の高いものが喜ばれます。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 大阪・本町のビジネス街をノーネクタイで歩く人たち=12月、大阪市中央区

クールビズの初夏から初秋の期間だけでなく、1年中、ノーネクタイで通すサラリーマンらの姿が目立つようになった。大阪市中心部で観察すると、スーツ姿の男性の半分近くがノーネクタイで、着用していないサラリーマンらに聞くと、「ほとんどつけない」や「顧客や外部の人に会うとき以外は着用しない」などという声が8割超を占めた。ネクタイの国内生産はクールビズ前と比べ3分の1以下、家庭の支出は6割減にまで落ち込んだ。だれもが着用しなくなる日が来るのだろうか。(張英壽)

 ■着用は年2、3回、「人生初の経験」も

 大阪・梅田(大阪市北区)で11~12月に男性サラリーマンらを観察すると、40~50%ほどがノーネクタイだ。

 サラリーマンらのネクタイ事情はどうなっているのか。ビジネス街として知られる大阪・本町(大阪市中央区)付近で、ネクタイなしで歩く男性サラリーマンら30人(20~50代)に声をかけてみたところ、「年中ノーネクタイでほとんどつけない」という人が5人、「顧客に会ったり外回りをしたりするときは締めるが、ほかはしない」などとする人が20人いた。このほか、「会社内では社の決まりなどで着用しているが、通勤や退勤の際は外す」が4人、「酒を飲んでいたので外した」が1人だった。

 「面倒くさいし、基本的にしない。相手方の会社がネクタイをしているときは、着用しますけど、ノーネクタイの会社も多い。楽な格好で仕事をするとストレスもない。いろんな発想をしようとすれば、リラックスしたほうがいい」

 3年ほど前から着用しなくなったという大阪府寝屋川市の男性会社員(42)は、こう持論を語った。このときはスーツ姿だったが、もっとカジュアルなジャケットやチノパンを身につけることもあるとか。

 大阪府枚方市のIT会社員の男性(51)は営業担当だが、「2、3年前から1年中つけなくなった。顧客に会うときにも着用していない」と説明。「着用するのは顧客に謝りに行くときで、年に2、3回。最近はそういうこともない。2、3本持っていたが、捨ててしまって今はない」と打ち明けた。

 今年から社内で1年中ノーネクタイが許可されたという堺市西区の男性商社員(57)は「人生で初めての経験。世の流れだと思う。もともとネクタイは好きではなく、楽でいい」と喜んだ。

 大阪府東大阪市在住のスーツ製造業の男性(47)は「ネクタイ業界は大変。本当はしないといけないが…」とばつの悪そうな表情を浮かべたものの、「しないほうが楽」と本音をのぞかせた。

 ■3分の1になった国内生産、家庭の支出は6割減

 街頭調査の回答では、このほか、「5年くらい締めていない。社内で着用したら(周りに)『どうした』と言われてしまう」や「パソコンに向かうのには邪魔」、規則で仕事中締めている人からは「仕事が終わったら胸元を緩めたい」などという声があがった。ふだんは着用せず、ネクタイをかばんや机に入れて必要に応じて身につけるという人も複数いた。

 ここ数年で社内で1年中ノーネクタイが認められたり、ビジネスカジュアルが解禁されたりしたという声も聞かれた。ビジネスカジュアルとは、ノーネクタイだけでなく、ポロシャツやチノパンなども許容されるスタイルだ。

 「ネクタイ派」の人はどうだろうか。

 本町を歩いていた大阪府河内長野市の男性会社員(43)に聞いてみると、「締めるのが面倒くさくて本当はつけたくないが、会社の決まり。着用していないところを見つかったら困るので」と回答。「大企業は年中ノーネクタイのところが多く、取引先でネクタイをしていると、『外してください』と言われた」と体験談を話してくれた。

 クールビズが環境省の提唱で始まったのは平成17年。室温28度で過ごすことがねらいで、ノーネクタイ、ノー上着がまたたく間に官民に浸透した。当初6~9月の4カ月間だったが、東日本大震災が起きた23年から27年は5~10月と半年間にまで延びた。28年から今年は5~9月だが、それでも5カ月におよび、今や季節に関係なく、サラリーマン社会ではノーネクタイが定着しつつある。

 こうした状況の中、国内メーカーの生産は激減している。国内メーカーや卸売業者でつくる東京ネクタイ協同組合のまとめでは、クールビズが始まる前の平成16年には約1280万本が生産されていたが、昨年は約398万本と3分の1以下に。総務省の家計調査によると、1世帯あたりのネクタイに対する年間支出額は、16年の1122円から昨年、ほぼ6割減の482円に落ち込んだ。

 東京ネクタイ協同組合によると、かつては東京以外に、関西や名古屋、福岡にも組合が存在していたが、廃業する業者が相次ぎ、解散した。残っている東京ネクタイ協同組合は昭和23年に76社で設立されたが、現在の組合員数は30社を切っている。

 かつては6月の第3日曜日の「父の日」には、プレゼント用などで売れ、1年で売り上げが最も多かったというが、クールビズの期間と重なったため、あまり売れなくなった。業界ではネクタイだけでは経営が厳しくなり、マフラーやストールなどほかの製品も製造するようになっている。関西のある業者は「国を挙げてネクタイいじめをしている」と悲痛な声をあげた。

 東京ネクタイ協同組合副理事長で、千代田ネクタイ(東京都台東区)の池田和弘社長は「スーツはやはりネクタイを締めればきっちりと見え、気持ちが引き締まる」とよさを訴えるが、「縮小傾向は否めない」と話す。

 ■専門家「服はカジュアル化の歴史、今後半パンも」

 クールビズ開始後、ネクタイの国内生産量と家庭での支出が落ち込んでいるが、実はその前から減少傾向にあった。

 国内生産量は平成9年に約3029万本だったが、クールビズ開始前の16年にはほぼ6割減の1280万本にまで縮小していた。輸入品を加えても減少傾向は変わっていない。また1世帯あたりの支出は昭和60年以降では平成4年が2757円と最も多かったが、開始前の16年にはそのほぼ6割減の1122円に落ち込んだ。

 服飾評論家の池田哲也氏は「服飾の歴史はひたすらカジュアル化する一方通行だった」と指摘し、ネクタイ減少の背景にもそうした流れがあるとみる。

 池田氏の説明や、文春新書の「スーツの神話」(中野香織氏著)によると、19世紀後半、英国では、丈の長いフロック・コートを着用することがジェントルマンのマナーだったが、20世紀に入り、もともとくつろぐために登場した丈の短いラウンジ・スーツが正装として着用されるようになり、現代のスーツの原型となる。

 また池田氏によると、1960年代から、それまで一般的だったスーツと帽子の取り合わせから帽子が脱落する。現代のビジネスシーンでは、帽子をかぶることはほとんどない。

 さらにジーンズ姿で商品を説明した米アップル社創設者の一人、故スティーブ・ジョブズ氏をはじめ、IT業界で極めてカジュアルな服装が普及した。

 こうした経緯をふまえたうえで、池田氏は「ヨーロッパにもノーネクタイは広がっている。日本のクールビズが契機となったわけではないが、そこには世界的なカジュアル化の流れがある」と分析。そのうえで「今後さらにカジュアル化が進み、サラリーマンでもTシャツや半パンも着用するようになるのではないか」と展望し、ネクタイについては「結婚式などセレモニーには着用されて残るだろうが、需要が少なくなるため柄や種類は減り、比較的高価なものとなる」とみている。

こちらの出産予定日の計算は排卵日で出産予定日を計算できる!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小倉智昭キャスター 膀胱がん全摘出手術で始まる「壮絶闘病生活」(FRIDAY)

スポンサーリンク 出産が近くなると腰痛が出たり、ひどくなる場合があります。これは、赤ちゃんが産まれてきやすいように骨盤周辺の関節や靭帯がゆるみ、それに伴って腰の筋肉の負担が増大するためです。 なんとい …

no image

これで不意の発熱にも対応できる! 熱を発する子どもの病気(ベネッセ 教育情報サイト)

スポンサーリンク 双子の出産ですと、赤ちゃん一人を出産する場合の平均額と比べて出産費用は高くなるようですが、出産一時金が2人分支給されることで助かったママたちが多いようです。 なんといっても最近は、「 …

no image

流行語大賞でチコちゃん登壇! 元NHKアナ「荒々しい言葉が使われているのが新鮮」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク ご自身が自然分娩を望んでいる場合でも、医師により妊娠中や出産の状態によっては自然分娩が難しいと判断されたときには、帝王切開となってしまう可能性もあります。 なんといっても最近は、「通 …

no image

あの「保育園児ホスト」の母、ちいめろがYouTuberに! →視聴者にも変化が(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 費用がかさみ高額になりやすい帝王切開出産ですが、さまざまな制度やもらえる手当も準備されていますので、うまく活用することで自己負担する費用を抑えることができます。 なんといっても最近は …

no image

日教組の教研集会始まる(産経新聞)

スポンサーリンク 陣痛は、赤ちゃんを産み出すために子宮が収縮することで起こる痛みです。本格的な陣痛が起こる前には、一般的に前駆陣痛(ぜんくじんつう)と呼ばれる痛みがきます。これは痛みの程度も比較的軽く …