出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

小4少女虐待死 なぜ誰も心愛ちゃんを救えなかったのか(FRIDAY)

投稿日:

スポンサーリンク

妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波がありました。

なんといっても最近は、「劇的に運気上昇!
1分カンタン開運術
」が、注目されているようです。

そして、この「ステラの力は
未来を変える
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「ステラの力は
未来を変える
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

タロット・西洋占星術の第一人者ステラ薫子が、不安や不幸を抱える女性を幸せな未来に導きます。毎日使うだけで幸せへの扉が開ける…そんな幸せ革命を起こすサイトです。

ではさらに、「劇的に運気上昇!
1分カンタン開運術
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いギフトを贈る場合、一つ言えることは、相手のニーズにあわせたほうが間違いないということだ。物があふれて困ったというケースもあるからだ。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 虐待の現場となった野田市内のアパート。部屋の前には、近隣の住民により献花がされていた

「1年半ほど前に引っ越してこられた当初から、『お母さん、怖いよ!』と泣き叫ぶ女の子の声をたびたび聞きました。夜中に『てめぇ、うるさいんだよ!』と男性がわめき、『パン!』と人をひっぱたくような音を聞いたこともあります」

千葉県野田市に住む、40代の主婦が話す。

同市で凄惨な事件がおきたのは、1月24日のことだ。会社員の栗原勇一郎容疑者(41)が、小学校4年の長女・心愛(みあ)ちゃん(10)を13時間以上に及び虐待。髪の毛を引っ張り、シャワーで冷水を浴びせるなどしたのだ。栗原容疑者の「娘の意識がない」という通報後、心愛ちゃんは自宅浴室で無残な姿で発見された。

「心愛ちゃんの胸や腹には、複数のアザがありました。栗原容疑者は『早く宿題をやれ!』と怒鳴り、ゲンコツで背中や顔面をたびたび殴っていたとか。『しつけ』と称して食事を与えず、夜中にたたき起こしてスクワットをさせたこともあるそうです」(全国紙社会部記者)

心愛ちゃんを救えなかった要因の一つに、児童相談所(児相)や市教育委員会の対応の悪さがある。心愛ちゃんが通っていた小学校の「いじめアンケート」から、柏児相は’17年11月に彼女を一時保護。しかし栗原容疑者が「誘拐だ!」などと猛反発したため、翌月には保護を解除した。さらに’18年1月になると、栗原容疑者がアンケートを見せろと要求。市教委は「訴訟を起こすぞ」という圧力に屈し、そのコピーを渡してしまったのだ。

元児相所長で、児童虐待防止協会の津崎哲郎理事長が語る。

「市教委は父親の恫喝が恐ろしくて、子どもを犠牲にしたと言われても仕方ありません。虐待の証拠となるアンケートが父親に渡れば、逆上して怒りの矛先が子どもに向かうことは明白です。一方、児相の対応にも問題がある。昨年2月の父親との面談では、『お父さんにたたかれたのはウソ』などと記された書面が提示され、心愛ちゃんを親族の家から自宅に帰してしまいました。彼女がムリに書かされただろうことは想像に難くない。本気で心愛ちゃんの書面と認識していたのなら、児相の職員失格でしょう」

心愛ちゃんが犠牲となったもう一つの要因が、見て見ぬふりをした母親のなぎさ容疑者(31)の態度だ。自身もDVを受けていたため、「娘が叱られれば自分は暴力を受けない」と虐待を黙認。虐待容疑の共犯として2月4日に逮捕された。

家庭問題に詳しい、弁護士の高橋知典氏が話す。

「日常的にDVを受けていると思考停止状態になり、正しい判断ができなくなります。だからと言って、娘を守れなかった罪から逃れられるワケではない。虐待はいきなり始まるのではなく、声が大きくなるなど必ず前兆があります。初期の段階で、娘を父親から遠ざけ親族に預けていれば結果は違っていたはずです」

“主犯“の父親の罪が最も重いのは言うまでもない。しかし、心愛ちゃんの命を救うチャンスは何度もあったのだ。

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

独占直撃 オードリー若林 南沢奈央との「破局の真相」を語る(FRIDAY)

スポンサーリンク 妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波がありました。 なんといっても最近は、「萌系アプリ専門ストア有名ケ …

no image

古市憲寿、芥川賞ノミネートで発言 「いろんな人がムカついてると思うんですよ」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 「自宅で出産した」というと、ほとんどの人が「え?」と、驚いた表情をしますが、祖母の時代には当たり前だった自宅出産も、今では特別なことのようです。 なんといっても最近は、「A型だけどB …

no image

二宮和也 アイドル・椎名法子との「ニケツ」デート【嵐メンバーが愛した女たち】(FRIDAY)

スポンサーリンク 出産後の入院日数はママの状況によって異なります。大きくは次の3パターンに分けることが出来ます。 自然分娩(初めてのお産):6?7日間 自然分娩(2人目以上のお産):5?6日間 帝王切 …

no image

伊調馨「至学館軍団」を破る!吉田沙保里引退の一方で、東京五輪に照準(FRIDAY)

スポンサーリンク 忘れがちですが、必ず必要となってくるのが里帰りした先での入院の準備です。入院に必要な書類などは忘れずに持っていくようにしましょう。 なんといっても最近は、「人気タレントも着用!トレン …

no image

とろサーモン村田、スーマラ田中… 「上沼騒動」トバッチリの面々に同情相次ぐ(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 出産すると、いよいよ我が子との対面です。母親になるという自覚を一層実感するかけがえの無い経験となるでしょう。 なんといっても最近は、「カワイイ乗り物沢山☆カーパーティー開催中!」が …