出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

宮崎・高千穂6人殺人事件 家族皆殺しの凄絶夫婦ゲンカの原因は?(FRIDAY)

投稿日:

スポンサーリンク

妊娠・出産は基本的に健康保険がきかず、妊婦健診や出産費用などで50~100万円程度のお金がかかると言われています。

なんといっても最近は、「DECOLOG公認サイト
カラコンPUSH!COLOR
」が、注目されているようです。

そして、この「的中率は占い以上
生まれ順性格判断
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「的中率は占い以上
生まれ順性格判断
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

性格判断の新常識あなたの兄弟姉妹で人生が決まる!?「生まれ順」で性格、相性、人間関係まで明らかに!「生まれ順」は人の性格が構成される過程で最も重要な「育てられた性格」を分析できるので、細かい性格や「コミュニティーでの自分の役割」などを知ることができるサイトです。

ではさらに、「DECOLOG公認サイト
カラコンPUSH!COLOR
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いのお返し、それは、いただいた方への感謝の気持ちを込めて贈る内祝い。ところで、本来内祝いというのは、身内でおこなわれるもの(字のごとく「内なるお祝い」)で、結婚や出産といったおめでたい事があったときに、報告と共に皆さんにも一緒に喜んでいただこうとお祝い品を贈ることなのです。現在では、出産祝いをいただいた方へのお返しというのがなぜか一般的となっています。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 夫婦ゲンカの末に自殺したと見られる昌大さん

「本件は計画性のない突発的な犯行に見えます。複数人を殺害する場合、普通なら事前に凶器をいくつか用意する。しかし、今回は現場調達した鉈(なた)で殺害しています。おばあちゃんだけ庭で殺されているのは、異変に気づいて逃げようとしたのではないか。首を切断しているので、相当強い殺意を持っていたはずです」(犯罪ジャーナリストの小川泰平氏)

 惨劇は、日本神話の舞台としても知られる、宮崎県高千穂町の山あいの集落で起きた。

 11月26日、通報で駆けつけた警察官の前には、血の海が広がっていた。飯干保生(やすお)さん(72)宅で、一家が“全滅“。保生さんの他、妻の実穂子さん(66)、次男の妻・美紀子さん(41)、その長男の拓海さん(21)、長女の唯さん(7)が死亡。さらに、次男の知人である松岡史晃さん(44)も殺害されていた。

 凶行から逃れようとしていたのか、実穂子さんの遺体は庭で発見されたが、鉈で激しく斬りつけられた首は、胴体から切り離された状態だったという。

 事件の焦点は、民家から約2.5km離れた神都高千穂大橋から飛び降り自殺をしたと見られる、次男・昌大(まさひろ)さん(42)の動向だ。家族と知人を皆殺しにした後、昌大さんは自殺したのではないか――。そんな疑いが浮上している。

 実は前日の25日、昌大さんは妻の美紀子さんとひどい夫婦ゲンカをしていたという。

「25日午後まで娘を連れて社員旅行に仲良く参加していたのに、帰宅してから昌大さんの女性トラブルがもとで大ゲンカが始まったようです。収拾がつかず、知人の松岡史晃さんが仲裁役で呼び出され、そのまま事件に巻き込まれた。昌大さんの関与が疑われますが、小学2年生の愛娘まで手にかけたとしたら、動機は何だったのか」(全国紙社会部記者)

 昌大さんが勤務していた建設資材会社の社長はこう語る。

「昌大さんは、長女の唯ちゃんが生まれた7年前に地元宮崎に戻ってきて、その頃からトラックの運転手として働いていました。普段から寡黙で、イジられると黙ってしまうタイプ。事件の予兆は感じられませんでしたが、何か溜め込んでいたものが爆発したのかもしれません」

 いずれにしても、一家を皆殺しにするほどの殺意は尋常ではない。精神科医の和田秀樹氏は、むごたらしい事件を起こした犯人の精神状態をこう分析する。

「相当強烈な怨恨を持っていたはずです。度を越した怨恨の場合、実際は何らかの被害妄想だった可能性もある。たとえば女性トラブルがもとで妻を逆恨みし、相手を殺さねばならないと思いこんでしまう。それが、怨恨の対象者だけでなく、周りの人間も殺害してしまう『拡大殺人』に発展することがあります。仮に家族の誰かが犯人だとしたら、子供まで殺すのは、『殺人者の子供として生きるのは辛いだろう』という思いか、家族全員がグルになっていると妄想してしまっているか、のどちらかの可能性が大きいと考えられます」

 捜査はまだ始まったばかり。事件の真相が明らかにならない限り、殺されてしまった子供たちがうかばれない。

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

村上春樹「自分の短編小説を映画にするのは割と好き」、その理由は…?(TOKYO FM+)

スポンサーリンク 歌手の山下久美子さんは、41歳で双子の第1子となる女児(姉妹)を出産しています。 なんといっても最近は、「こんな私でも恋人はできる?」が、注目されているようです。 そして、この「ステ …

no image

(語る 人生の贈りもの)さだまさし:1 生みの楽しみ、切羽詰まってから(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク もちろん35歳を過ぎたからといって出産できないわけではありませんが、卵子の老化が始める時期になるため、高齢出産にはリスクが伴います。 なんといっても最近は、「レディースファッション …

no image

クロちゃん「余命3年」で今度こそ、ついに改心か? 「野菜たっぷり」うどんでヘルシー宣言(J-CASTニュース)

スポンサーリンク スポンサーリンク 一緒に読まれる記事大学への入学費用、幾ら掛かる?(ベネッセ 教育情報サイト)好発進の人気ドラマ「はじこい」「家売るオンナの逆襲」&「トレース」の撮影現場ウラ話(FR …

no image

ムロツヨシ、「また応援しよう」ツイートを謝罪 新井浩文でなく、アジア杯に向けた発言だった(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 出産は、それは奇跡のような体験であり、かわいいベビーと会える感動の瞬間です。しかし、出産前の陣痛は「男性だったら耐えられない」といわれているほど強烈なものです。そんなキレイごと、言っ …

no image

本庶氏がノーベル賞記念講演 座右銘「有志竟成」寄贈(産経新聞)

スポンサーリンク 一般的には35歳から高齢出産と言われています。今は結婚適齢期という概念がなくなり、30代後半~40代で結婚する人が増えています。結婚する年齢が高くなるにつれて出産する年齢も自然と上が …