出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

原巨人の「補強策」に矛盾あり ベテラン続々獲得も、内海・長野はプロテクト漏れ(J-CASTニュース)

投稿日:

スポンサーリンク

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんは、40歳で第1子となる男児を出産しています。

なんといっても最近は、「DECOLOG公認サイト
カラコンPUSH!COLOR
」が、注目されているようです。

そして、この「レディースファッションサイト
[公式]Re:EDIT
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「レディースファッションサイト
[公式]Re:EDIT
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

GINGER、JJ、Sweet、ViVi、Rayなど人気ファッション雑誌多数掲載! ロープライスでありながら、常にトレンド感の高いアイテムを提案しつづけているRe:EDIT(リエディ) by GALSTAR。新作は平日毎日たくさんUPされており、オシャレな子達の話題のレディースファッション通販サイトです。 今話題のプロモーションとなっております。

ではさらに、「DECOLOG公認サイト
カラコンPUSH!COLOR
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産一時金の金額は、1子ごとに35万円です。ただし、平成18年9月30日以前の出産については30万円です。加入する健康保険の組合によってはプラスαのところもあります。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 画像はイメージ

第3次原政権の補強策が批判の的になっている。今オフ巨人はFA(フリーエージェント)で、炭谷銀仁朗捕手(31)と丸佳浩外野手(29)を獲得。FA以外では、岩隈久志投手(37)、中島宏之内野手(36)、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)、ライアン・クック投手(31)の獲得に成功したが、チーム編成における一貫性のなさにファンをはじめ、球界関係者の間でも疑問の声があがっている。

 原巨人は当初、昨年辞任した高橋由伸前監督(43)の「若手育成」方針を引き継ぐ形でスタートを切った。若手に対して「大志を抱け」とゲキを飛ばすなど、メディアに向けて若手育成をアピールしていたが、実際のところは他球団を自由契約となったベテランを次々と獲得。これに加えて炭谷、丸、ビヤヌエバの獲得、そして一度は自由契約とした上原浩治投手(43)と再契約したことで若手の出場機会は減少の一途をたどっている。

■「長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた」

 高橋前監督の方針に逆行するようなベテラン選手中心の補強となったが、FAの人的補償ではあっさりと投打の精神的支柱である生え抜きベテラン、内海哲也投手(36)と長野久義外野手(34)を放出。この2人が28人のプロテクトリストから漏れていた事実は衝撃を与えたが、広島・緒方孝市監督(50)によって明らかになったリスト内容は多くの巨人ファンを失望させた。

  「若い選手はほとんどプロテクトされていたが、長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた」

 詳細は明かされなかったが、内海、長野の他にも何人かのベテラン選手がリストから漏れていたことになる。ベテランの補強から一転、ベテランのプロテクト外しに、ネットではチーム編成の全権を握る原監督に批判の矛先が向けられ怒りの声が殺到する事態に。

  「原の独裁ぶりが改めて出たという事」
  「巨人はチームの方向が狂ってるのかも」
  「ナカジを取っている時点で若返りを目指しているようには見えないし」
  「他球団でクビになった選手を?き集め、巨人で生え抜きのスター選手は放出ではどう考えても可笑しな話だ」

 他球団の関係者は今回の一連の補強、流出劇を次のように説明した。

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日比谷公園にスポーツカフェ 皇居ランナーにも利用を(産経新聞)

スポンサーリンク 代理母出産」とは、子どもを望む夫婦が第三者の女性のおなかを借りて妊娠・出産することですが、先天的に子宮がない、あるいは病気で子宮を失った女性が唯一、子どもを持てる方法です。 なんとい …

no image

市長・町長の熱意がハンパない! 映画大国日本へ 首長8人と業界35人が大熱闘(ロケーションジャパン)

スポンサーリンク 「自宅で出産した」というと、ほとんどの人が「え?」と、驚いた表情をしますが、祖母の時代には当たり前だった自宅出産も、今では特別なことのようです。 なんといっても最近は、「A型だけどB …

no image

2020年に向けて急成長中! 相鉄のオリジナルドラマが話題(ロケーションジャパン)

スポンサーリンク 出産準備…は、赤ちゃんのことを考えながら準備するのって本当に楽しいですよねー なんといっても最近は、「レディースファッションサイト[公式]Re:EDIT」が、注目されているようです …

no image

日教組の教研集会始まる(産経新聞)

スポンサーリンク 陣痛は、赤ちゃんを産み出すために子宮が収縮することで起こる痛みです。本格的な陣痛が起こる前には、一般的に前駆陣痛(ぜんくじんつう)と呼ばれる痛みがきます。これは痛みの程度も比較的軽く …

no image

(語る 人生の贈りもの)渡辺京二:3 「我が街」大連で文学に目覚め(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク 妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波がありました。 なんといっても最近は、「貴女だけの悩みに貴女だけの答 …