出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

出版物への軽減税率、「有害図書」は除外? 適用求める業界、自主規制で例外認める(朝日新聞デジタル)

投稿日:

スポンサーリンク

陣痛は、赤ちゃんを産み出すために子宮が収縮することで起こる痛みです。本格的な陣痛が起こる前には、一般的に前駆陣痛(ぜんくじんつう)と呼ばれる痛みがきます。これは痛みの程度も比較的軽く、間隔も不規則です。

前駆陣痛はお産が近づいている証ではありますが、本陣痛(ほんじんつう)ではないため、この段階ではまだ病院に連絡する必要はありません。

なんといっても最近は、「こんな私でも
恋人はできる?
」が、注目されているようです。

そして、この「秘蔵の東洋占術で
確実に結ばれる恋
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「秘蔵の東洋占術で
確実に結ばれる恋
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

監修者はフジテレビ系情報番組「とくダネ!=血液型選手権=」でもおなじみの御瀧政子(みたきまさこ)氏の公式占いサイト。このサイトでは大人の恋の悩みを占いのジャンルを越えて様々な占術で解決していきます。

ではさらに、「こんな私でも
恋人はできる?
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産費用を補助する意味合いで、健康保険・共済組合・国民健康保険等加入している健康保険より支給されるのが、出産一時金(出産育児一時金)です。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 出版業界がまとめた出版物の軽減税率の仕組み

来年10月の消費増税に合わせて導入される軽減税率で、出版業界は出版物の税率を8%に据え置くよう求めている。ただ、性的・暴力的な表現で青少年に影響を与える本などについては区別するとし、これについては10%への増税を認めるとしている。出版界が自ら規制に乗り出し、表現の自由を脅かすのかと批判も相次いでいる。

 「酒類と外食をのぞく飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」についてはすでに軽減税率の適用が決まっている。出版業界は「食が『身体の糧』であるように出版物は『心の糧』であり、生きていく上で欠かせないもの」と主張し、書籍・雑誌にも軽減税率を適用するよう求めてきた。……
本文:1,145文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こちらの出産ではじめて入院に欠かせない必要なものリストとは?サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

岡副麻希が「珍発言」で自爆! めざまし高見アナ「スルー力」に賞賛の声(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 出産の兆候には個人差があります。出産の開始のように起こる兆候をたくさん経験する人もいれば、まったく前兆がなく出産当日を迎える人もいます。臨月に入っても前兆がないからと安心しすぎず、い …

no image

映画のワンシーンのような歌詞で魅せる、松室政哉の熱いラブソング(TOKYO FM+)

スポンサーリンク タレント(元Wink)の相田 翔子さんは、41歳で第1子となる女児を出産しています。 なんといっても最近は、「超ホーダイ」が、注目されているようです。 そして、この「こんな私でも恋人 …

no image

BTS、ナチス連想の帽子姿も拡散 当時の韓国紙でも議論呼ぶ(J-CASTニュース)

スポンサーリンク ▼出産後、まず病院へ入院費の支払いをしましょう。そして出産後、扶養者の勤務先に赤ちゃんの健康保険証を申請します。病院から退院するときには、▼役所で出生届・住民票・児童手当を申請するこ …

no image

芳根京子が女優になってつくづく「人生得してるなぁ」と思う理由は?[FRaU](講談社 JOSEISHI.NET)

スポンサーリンク 出産後の入院日数はママの状況によって異なります。大きくは次の3パターンに分けることが出来ます。 自然分娩(初めてのお産):6?7日間 自然分娩(2人目以上のお産):5?6日間 帝王切 …

no image

(語る 人生の贈りもの)馬場あき子:12 「かりん」創刊、同人誌ぽかった(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク 双子の出産ですと、赤ちゃん一人を出産する場合の平均額と比べて出産費用は高くなるようですが、出産一時金が2人分支給されることで助かったママたちが多いようです。 なんといっても最近は、「 …