出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

「支配率23%」サウジ戦は「計画された防戦」だった 単なる苦戦とはここが違う(J-CASTニュース)

投稿日:

スポンサーリンク

タレント(元Wink)の相田 翔子さんは、41歳で第1子となる女児を出産しています。

なんといっても最近は、「人気タレントも着用!
トレンド靴イロイロ★
」が、注目されているようです。

そして、この「野球とソフトボール
その違いはナニ?
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「野球とソフトボール
その違いはナニ?
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

オリンピックを境にソフトボールの注目度は抜群。しかも日本は優勝という事で気になっている方も多いです。これだけ日本で話題になっていると、日本に住んでいる外国人も自然とその話題に触れる事になります。しかしまだソフトボールは他のスポーツに比べてメジャーではありません。その理由は「野球があるんだから野球をやればいいだろう」や「女子がやるなんて危ない」といった思いがあるからです。ソフトボールにはソフトボールの良さがある。きちんとソフトボールを基本からご紹介するサイトとなっております。

ではさらに、「人気タレントも着用!
トレンド靴イロイロ★
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いのお返しは、相手によって、商品を選ぶのもよいです。例として、会社やサークルなどのグループだったら、みんなでわけあえるお菓子や飲料類。上司や先輩ならば、家庭持ちなら実用的な石鹸やボディシャンプーといった生活用品、二人暮らしなら、ペアの食器という感じで。お返しも、相手が喜んでいただけるものを選ぶとよいですね。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 主将、DFリーダーとして日本代表を支える吉田麻也(2018年撮影)

サッカー日本代表が、アジアカップ決勝トーナメント1回戦・サウジアラビア戦で「ボール支配率(ポゼッション)23%」という稀に見る低い数字を記録したことが、議論を呼んでいる。試合の77%の時間でボールを持っていたことになるサウジアラビアは、何度も日本陣内に攻め入り、日本は守る時間が長くなった。

AFCが公表しているボール支配率などのスタッツ

 勝利した日本だが、あまりのポゼッションの低さから「苦戦」と見る向きも少なくない。だが、サッカー分析家の五百蔵(いほろい)容(ただし)氏はこの試合を「計算された防戦だった」と分析している。森保ジャパンの狙いは何だったのか。五百蔵氏に見解を聞いた。

■現日本代表には「大方針」がある

 2019年1月21日に行われたサウジアラビア戦。アジアサッカー連盟(AFC)が公表しているデータによると、日本のポゼッションは23.7%、サウジアラビアは76.3%だった。これに比例するように、シュート数は日本5本に対し、サウジアラビアは15本にのぼった。

 ポゼッションは、試合を通じてチームとしてボールを持っていた時間の割合を示す指標。互いに40~50%台ずつ、低くても30%台後半で落ち着くのが一般的だ。

 バルセロナ(スペイン)のようにパスサッカーを志向するチームで、実力差があれば70%台に届くこともあるが、日本が同じアジアのライバルであるサウジアラビア相手にここまで低くなることを予想できた人は多くない。「23%」という数字が公表されると、これを根拠に「苦戦」と報じるメディアも一部であったほか、ツイッターでも「それだけ苦戦したんだろ」などの声があがった。

 だが結果を見れば、日本は1点を守り切って完封勝利している。

 このサウジアラビア戦を「計画された防戦」と見るのが、サッカー分析家として複数の著書を持つ五百蔵氏だ。アジア杯ではニコニコ生放送の番組「森保ジャパンの『戦術』を読み解く実況解説」で解説を務めている。その五百蔵氏はJ-CASTニュースの取材にこう話す。

  「基本的に森保一監督の日本代表は、『相手が日本にやられたら一番イヤな戦術を採用し、それをやり通す』という大方針を持って戦っていると思われます」

こちらの出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

内海哲也 泣き虫エースが「巨人放出」の真相を明かす(FRIDAY)

スポンサーリンク 妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波がありました。 なんといっても最近は、「劇的に運気上昇!1分カンタン …

no image

2020年に向けて急成長中! 相鉄のオリジナルドラマが話題(ロケーションジャパン)

スポンサーリンク ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。 なんといっても最近は、「劇的に運気上昇! …

no image

「乗り越えられない壁はない」池江選手がツイッター更新(産経新聞)

スポンサーリンク 出産は、それは奇跡のような体験であり、かわいいベビーと会える感動の瞬間です。しかし、出産前の陣痛は「男性だったら耐えられない」といわれているほど強烈なものです。そんなキレイごと、言っ …

no image

自転車、弁護士…売れ筋は時代反映 ヤフー!保険、ラインほけん(産経新聞)

スポンサーリンク 初産の場合、どんなに勉強したり、体験談を聞いたりしても、不安な気持ちは拭(ぬぐ)えないものです。ちょっとしたことに過敏になりすぎて、「この痛みは、もう産まれるのでは?」と先走ってはが …

no image

経済評論家・横川楓28歳 連載9本かかえる超売れっ子美人評論家(FRIDAY)

スポンサーリンク 陣痛は、赤ちゃんを産み出すために子宮が収縮することで起こる痛みです。本格的な陣痛が起こる前には、一般的に前駆陣痛(ぜんくじんつう)と呼ばれる痛みがきます。これは痛みの程度も比較的軽く …