出産が初めてのママの不安や悩みに解決するサイト!

初めての出産や何人メカの妊婦の出産・育児を経験するママが感じている不安や疑問について丁寧に解説するサイトです。

出産

「もう…座布団…舞わないんだね」 稀勢の里2連敗に「悲しい」光景(J-CASTニュース)

投稿日:

スポンサーリンク

妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波がありました。

なんといっても最近は、「劇的に運気上昇!
1分カンタン開運術
」が、注目されているようです。

そして、この「ステラの力は
未来を変える
」も子育ての悩みを解決のきっかけになるかもしれないことで、人気があるようです。

それでは、この「ステラの力は
未来を変える
」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

タロット・西洋占星術の第一人者ステラ薫子が、不安や不幸を抱える女性を幸せな未来に導きます。毎日使うだけで幸せへの扉が開ける…そんな幸せ革命を起こすサイトです。

ではさらに、「劇的に運気上昇!
1分カンタン開運術
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

出産祝いギフトを贈る場合、一つ言えることは、相手のニーズにあわせたほうが間違いないということだ。物があふれて困ったというケースもあるからだ。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 稀勢の里(日本相撲協会公式サイトから)

進退をかけて初場所に臨んでいる大相撲の横綱・稀勢の里は2019年1月14日の2日目、初日に続く黒星を喫して厳しい連敗スタートとなった。

 相手は前頭筆頭・逸ノ城。横綱が番付で下の力士に負けた時には、場内に座布団が舞うのがおなじみの光景だが、この日は平幕相手の黒星であったにもかかわらず、ほとんど座布団は飛ばない静かな敗戦となった。

■巨漢の逸ノ城にはたき込み浴びる

 稀勢の里は逸ノ城相手に通算8勝6敗。決して苦手としているわけではなかったが、取り組みはあっけなかった。

 待ったが3回あった。はじめは稀勢の里の手がついていなかったため、2・3回目は逸ノ城が先に立ち上がった。ようやく成立した4回目で、稀勢の里は前に出て押し込んだが、簡単にいなされた。振り向いて同じように押し込もうとしたが、巨漢の逸ノ城にはたき込みを浴び、土俵に転がった。初日の小結・御嶽海に続く2連敗となった。

 横綱が番付下の相手に敗れれば、場内の観客が座布団を飛ばすのが恒例。平幕相手の敗戦となればなおさらだが、この日の稀勢の里敗戦で座布団の舞はほとんど見られなかった。どちらかといえば、静まり返る場内。こんな光景にツイッター上では、

  「稀勢の里負けても座布団が舞わないのは悲しい」
  「もう… 座布団…舞わないんだね」
  「稀勢の里が負けても座布団が舞わないのがもう末期よな」

といった声が続々とあがっていた。

 NHKの中継で解説した鳴戸親方(元大関・琴欧洲)は「いなした後で稀勢の里はバタついた。焦っていた」と冷静に分析。藤井康生アナウンサーが「内容よりも稀勢の里の心が表れてしまったかなという土俵だった」と言うと、鳴戸親方は「やることはやったんじゃないか」と一言。2連敗については「それが現実じゃないですかね」と淡々としていた。

 稀勢の里は18年9月場所千秋楽から7連敗(不戦敗除く)。横綱として歴代ワーストタイの記録となった。

こちらの出産って赤ちゃんが生まれた瞬間は、間違いなく人生の特別な瞬間!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

元AKB48・板野友美のセクシー「お泊り愛」 2018熱愛スクープランキング(FRIDAY)

スポンサーリンク 破水は、赤ちゃんを包んでいる卵膜(らんまく)が破れて羊水が流れ出ることを言います。陣痛がピークに達し、子宮口が全開になってから破水する事が多いですが、「前期破水」といって、陣痛が来る …

no image

2020年に向けて急成長中! 相鉄のオリジナルドラマが話題(ロケーションジャパン)

スポンサーリンク ダウン症や発達障害の原因は卵子の老化だけではありませんが、実際にお母さんの出産年齢が上がるにつれてダウン症の発症率が高くなる傾向にあります。 なんといっても最近は、「劇的に運気上昇! …

no image

斉藤和巳が特別解説 ソフトバンクを日本一に導いた「ワンプレー」(FRIDAY)

スポンサーリンク 破水は、赤ちゃんを包んでいる卵膜(らんまく)が破れて羊水が流れ出ることを言います。陣痛がピークに達し、子宮口が全開になってから破水する事が多いですが、「前期破水」といって、陣痛が来る …

no image

0、5、10…? あなたは、“ふられた”ことが何回ありますか?(TOKYO FM+)

スポンサーリンク 「自宅で出産した」というと、ほとんどの人が「え?」と、驚いた表情をしますが、祖母の時代には当たり前だった自宅出産も、今では特別なことのようです。 なんといっても最近は、「A型だけどB …

no image

古市憲寿、芥川賞ノミネートで発言 「いろんな人がムカついてると思うんですよ」(J-CASTニュース)

スポンサーリンク 「自宅で出産した」というと、ほとんどの人が「え?」と、驚いた表情をしますが、祖母の時代には当たり前だった自宅出産も、今では特別なことのようです。 なんといっても最近は、「A型だけどB …